十六夜の厭世的雑録

人生をそんな深刻に考えるな・・・永久に続くものじゃないんだから。

十五夜

今宵は中秋の名月。


昼間は雲が多かったので薄月夜かなと思ったが、見事な月が煌々と輝いていた。
月光浴もいいもんだ。


「こんなよい月を一人で見て寝る」 尾崎放哉