十六夜の厭世的雑録

人生をそんな深刻に考えるな・・・永久に続くものじゃないんだから。

子ども科学電話相談

NHKラジオの「夏休み子ども科学電話相談」を、よく聴いている。
子どもならではの無邪気な質問が新鮮でもあり、着眼点に驚くことがある。


大人になると今更訊けないような質問に、微笑ましくもあり、魅力さえ感じる。
そして、電話の向こうに、家庭での子どもの躾や生活が垣間見えることがある。


また、回答者であるその道の専門家が、ツボにはまってしまうこともある。
まるで、少年少女のようになって、真剣に答えを伝えようとしている。


ラジオなので見えないが、子どもも回答者も眼をキラキラして話しているんだろうな。
今流行りの忖度も、気兼ねも、猜疑心もない純粋な遣り取りには、こちらが癒される。


それにしても、最近は物怖じする子どもが少なくなった。
自分の好きなことの疑問をとことん突き詰めて、素敵な大人になって欲しい。


もうすぐ夏休みが終わる。


ウナズキヒメフヨウ