十六夜の厭世的雑録

人生をそんな深刻に考えるな・・・永久に続くものじゃないんだから。

クスリはリスク

睡眠導入剤 精神安定剤 抗鬱剤 甲状腺の薬


毎日6~8(頓服がある場合)種類の薬を飲んでいる。
個々人違うので、これが多いのか少ないのか分からない。


分からないが、時々うんざりすることがある。
風邪薬や外傷の薬なら、治癒すれば縁が切れる。


しかし、今飲んでいる薬は一生飲みつづけることになるだろう。
寛解はあっても完治はないのだ。


効果がある薬には、必ず副作用がある。
プラセボでもノセボがあるのだ。
効果と副作用のどこで折り合いをつけるのかが、服薬の按配なのだろう。


以前、ベンゾジアゼピン系の薬物依存になり、非常に苦しんだことがある。
どうしようもない不安感と、アカシジアのような症状で、一年ほどを無駄にした。


よく、覚醒剤の使用で何度も捕まる人を見て、気持ちが弱いからだと言う人がいる。
だが、それは違う。


薬物依存は、気の持ちようでは治せない。
また、自分の意思でいつでもやめられるという甘い考えが、薬物に対するハードルを低くしているのだ。


やはり、クスリはリスクなのである。


夏水仙