十六夜の厭世的雑録

人生をそんな深刻に考えるな・・・永久に続くものじゃないんだから。

水枕

今日は二十四節気の大暑。
暑いのは仕方がないとしても、今年は、大大大大大暑だな。


連日の炎暑で、頭がボーっとしている。
残り少ないノーミソが蒸発してはまずいので、ネットで水枕を買った。


ひゃ~、気持ちいい。
頭の中に高原の風が吹く。


シリコン製の水枕なので、昔のようにゴム臭くない。
でも、昔の水枕のニオイも嫌いじゃなかったな。


あの水枕のニオイは、ほのかに甘い葛湯の味に結びつく。
病気になって寝込むと、周りが少し優しくなった。


熱っぽい頭で、ウトウトと夢の中に入って行けるのは甘美なひと時でもあった。
そして、いつまでも夢の中を彷徨っていたかったが、所詮それは無理だった。


ニッコウキスゲ