十六夜の厭世的雑録

人生をそんな深刻に考えるな・・・永久に続くものじゃないんだから。

洗いたての心で

きょう一日は
洗いたての心でいよう


真っ白な
石鹸の匂いのする
洗いたての心でいよう


いつもそう思っているのに
日が暮れるころになると
私の心は草臥れて
薄汚れてしまうんだ


ルーシェのピアノが
ひとときのやすらぎ


汚れたっていいんだ
また洗えばいいんだ
ピアノの響きが私に語りかける


あす一日は
洗いたての心でいよう


真っ白な
石鹸の匂いのする
洗いたての心でいよう


コシキブの実